Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

維新 足立議員「下品が嫌なら見なきゃいい!民進は嘘つき口だけ政党!存在価値がない民進党」

[db:tag] 総合

維新 あだち康史

「息をするように嘘をつく」
蓮舫

「その言葉、すべて自分自身に一番当てはまると思いますが」「お得意のブーメラン」

失笑ですね。
https://mobile.twitter.com/adachiyasushi/status/807071124026585088

維新

あだち康史

ツイッターは、“下品”に対しては寛容であるべきだと思います。

見たくなければ、私のアカウントをフォローしなければ済む話なんだから。

https://mobile.twitter.com/adachiyasushi/status/807593900768641025

維新
あだち康史

維新「東大阪議員団」 ボーナス計50万円を任期中、熊本に寄付 (link: http://www.sankei.com/west/news/161210/wst1612100086-n1.html) sankei.com/west/news/1612…
「復興支援は続けることに意義がある。少しでも役立ててもらえれば」

「身を切る改革」

蓄財に余念のない口だけ番長の民進議員には絶対にできない。

https://mobile.twitter.com/adachiyasushi/status/807702054491697153

【トランプ】日本を裏切ってAIIB(アジアインフラ銀)に加入するアメリカ

[db:tag] 総合

http://www.mag2.com/p/money/28698

アメリカは間もなくアジアインフラ設備投資銀行(AIIB)への加入を表明する可能性が高い。
聯合早報(11月15日)、人民日報海外版(11月16日)、サウスチャイナ・モーニングポスト(11月11日)など、
本土・香港で複数のマスコミが関連ニュースを報じている。(『中国株投資レッスン』田代尚機)

ビジネスマンのトランプ氏が選ぶのは安倍総理ではなく習近平
トランプ大統領誕生で活発化するインフラ関連銘柄
A株市場ではこのところ、インフラ建設・エンジニアリング関連銘柄の値動きが活発である。特に、海外業務に強みがあるところの株価上昇が著しい。
アメリカ大統領選挙の結果が明らかになった11月9日の終値と11月25日の終値を比べると、
とそれぞれ上昇している。この間の上海総合指数の4.3%上昇や、深セン総合指数の3.0%上昇と比べると、大きくアウトパフォームしている。
理由ははっきりしている。トランプ氏が新しい大統領に選ばれることに決まったからである。トランプ氏は大統領就任初日に
TPPから離脱することを表明している。それは中国包囲網の大きな後退を意味する。

アメリカ、近くAIIBに参加表明か
さらに重要な話題が一つある。アメリカは間もなくアジアインフラ設備投資銀行(AIIB)への加入を表明する可能性が高いことである。
聯合早報(11月15日)、人民日報海外版(11月16日)、サウスチャイナ・モーニングポスト(11月11日)など、本土・香港で複数のマスコミが関連ニュースを報じている。
聯合早報網訊は、「AIIBの金立群総裁は人民日報において、“トランプ氏の幕僚チームにおける多くの人々が、
オバマ大統領がAIIBに参加したがらなかったのは間違いであると認識している。また、オバマ政権のある高官はAIIBに賛同していると聞いている。
アメリカ政府が今後AIIBを支持したり、AIIBに参加する意思を示したりする可能性を排除することはできない”などと発言した」と報じている。
人民日報海外版では、「外交部の耿爽報道官は15日、記者会見の席上で、アメリカのAIIB加入問題について、
“世界最大の経済大国であるアメリカがAIIBに加入することは好事である。中国側は発足当初から一貫して歓迎する態度である”と答えている」などと報道している。
記者がこうした質問をしたのは、サウスチャイナ・モーニングポストが11日、「トランプ氏の側近で上級顧問(安全保障担当)の
ジェームズ・ウールジー元CIA長官が金立群総裁と会見したときにアメリカがAIIBに参加しなかったのは間違いだと発言した」などと報道したことが背景にある。

ビジネスマンであるトランプ氏はAIIBの利権に乗っかる

(続きはサイトで)

【企業】トヨタ、脱「自前主義」 自動運転でアイデアを公募

[db:tag] 総合

http://www.asahi.com/articles/ASJD75530JD7OIPE01V.html

 トヨタ自動車は7日、自動運転や「つながる車」で新しいサービスのアイデアを公募すると発表した。
足りない力を外から取り込む動きは、この1年相次ぐ。IT企業も交えた開発競争や強まる環境規制を背景に、「自前主義」からの転換を進める。

 「自動車業界の当たり前を覆してやる、という思いを持った人に応募してほしい」。デジタルマーケティング部長の浦出高史氏は7日、報道陣にそう話した。
 提案は来年2月まで募り、有望なサービスは8月以降に国内で展開。開発費用はトヨタも負担し、成果は提案者と分かち合う。