Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【台湾】「今年の漢字」は「苦」―台湾メディア[12/11]

2016年12月10日、台湾・聯合報によると、台湾で「今年の漢字」が発表され、51文字の候補の中から2016年を象徴する文字として「苦」が選ばれた。中国台湾網が伝えた。

最終的に候補となった漢字の上位10文字は「苦」「変」「悶」「彎」「狂」「滞」「労」「裂」「革」「転」。いずれも重く苦しいイメージで、全体的に人々の生活に苦悶の色や感情の変化などが見える。

台湾では、08年から年末に「今年の漢字」が発表されている。2008年は「乱」、09年は「●(目へんに「分」)、10年は「淡」、11年は「賛」、12年は「憂」、13年は「假」、14年は「黒」、15年は「換」だった。

記事では、募集された「今年の漢字」51候補の中から、ネットを通じて投票で順位がつけられ、最終的に「今年の漢字」として1文字が選ばれたが、今年の「苦」は、激しい自然災害が多かったことや、中台関係の悪化で観光関連産業が打撃を受けたこと、低所得の若者の増加などを象徴する文字として選ばれたと伝えている。(翻訳・編集/岡田)

http://www.recordchina.co.jp/a157459.html