Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【国際】ロシアに「野菜工場」 日本企業が相次ぎ建設

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161212/k10010803271000.html

日本とロシアの経済協力の進展が期待される中、日本企業が冬場の寒さが厳しいロシアでも安定的に野菜を生産することができる
野菜工場」を建設し、新たな農業ビジネスを展開しようという動きが相次いでいます。
野菜工場」は、農業用ハウスの中で気温や湿度を人工的に制御することで天候や季節に左右されず、
安定的に野菜の栽培や収穫を行う設備で、冬場の寒さが厳しいロシアでは建設のニーズが高まっています。

エンジニアリング大手「JFEエンジニアリング」は、ことし10月もロシア極東・サハ共和国との間で、
現地で計画されている野菜工場の建設に協力することで合意しました。北海道の苫小牧市などの野菜工場で、
設計から建設、運営までを一貫して手がけた実績を生かし、ロシアで事業化に向けて調査を進めています。

また、同じエンジニアリング大手の「日揮」は、現地の企業などと合弁で、
ロシア極東のハバロフスクにある2.5ヘクタールの敷地に野菜工場を建設し、すでにキュウリやトマトの生産や販売に乗り出しています。

さらに、北海道銀行などが出資する「北海道総合商事」も今月、ロシアに建設した野菜工場で、
トマトやキュウリの生産を始めるなど、日本企業の間で、新たな農業ビジネスを展開しようという動きが相次いでいます。