Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【エジプト】カイロ中心部のキリスト教の教会で爆発、25人死亡49人けが[12/11]

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161211/K10010803171_1612112052_1612112111_01_03.jpg

日本時間の11日夕方にエジプトの首都、カイロの中心部にあるキリスト教の教会で
爆発があり、少なくとも25人が死亡、49人がけがをしました。地元の警察は、
爆弾テロ事件とみて詳しい状況を調べています。

日本時間の11日午後5時ごろ、現地時間の午前10時ごろ、エジプトの首都カイロに
あるキリスト教の一派、コプト教の教会で、礼拝中に爆発がありました。

エジプト保健省によりますと、この爆発で、礼拝に訪れていた市民など、少なくとも
25人が死亡し、49人がけがをしたということです。国営通信は、地元の警察の
情報として、何者かが爆発物を持ち込んだとみられると伝えています。

爆発が起きた教会の内部を撮影した映像では、教会のいすが吹き飛んで壊れ、
木材の破片などが床に散乱しているほか、柱に無数の傷がついたような痕が
映し出され、爆発の衝撃の大きさがうかがえます。爆発が起きた現場は、カイロ
中心部の歴史的な建築物が立ち並ぶ観光客にも人気の地区ですが、カイロの
日本大使館によりますと、これまでのところ、日本人が爆発に巻き込まれたという
情報は入っていないということです。

今のところ、犯行声明などは出されていませんが、警察は、爆弾テロ事件とみて、
付近で厳重な警戒態勢を敷くとともに、爆発の詳しい状況を調べています。

■過去にも相次ぐテロ

エジプトでは、これまでもキリスト教の教会などを狙ったテロ事件が起きています。
このうち2011年には、エジプト第2の都市、アレクサンドリアで、キリスト教
教会の前に停めてあった車が爆発し、21人が死亡しました。

また、イスラム組織出身のモルシ氏が、大統領職を追われた軍による事実上の
クーデターのあとの2013年10月には、カイロ近郊にあるキリスト教の教会で、
2人組の男が銃を乱射して、4人が死亡し、イスラム過激派が引き起こしたものと
みられています。

さらに、シリアとイラクで過激派組織IS=イスラミックステートが台頭すると、
エジプトでもISの関連組織によるテロや襲撃が相次ぎました。首都カイロの近郊では、
ことし1月に警察がアパートを捜索していたところ、爆発が起き、警察官や市民など
合わせて6人が死亡し、ISの関連組織が関与を認めました。

また、今月9日には、エジプトの首都カイロとピラミッドを結ぶ幹線道路の検問所で
起きた爆発で、警察官6人が死亡し、治安当局は、過激派が引き起こした疑いが
強いとみて調べています。

2016/12/11 18:45
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161211/k10010803171000.html